SPG-Remoteタイプ

SPG-Remoteタイプは、リモートデスクトップを安心・安全かつ安価に利用する、デスクトップ分離ソリューションです

SPG-Remoteタイプ できること 

  • 社外から社内PCを容易かつ安全に使うことができる
  • インターネット接続セグメント、サーバセグメント、PCセグメントを分離して、それぞれのセグメントにある端末にリモート接続することができる
  • Windows、Linux、Macなど様々なOSに対して、また、異なるネットワークにあるコンピュータに対して、複数同時にリモート接続ができる
  • インターネット接続セグメントを分離して、業務端末からインターネット接続端末を使うことができる
  • レガシーなクライアント/サーバシステムを、最新PCで安全に利用することができる
  • RDSライセンスが不要で、安価にリモートデスクトップ環境が構築できる

SPG-Remoteタイプの概要説明 

SPG-Remoteタイプはテレワークに最適です。導入はルータを設置するだけの手軽さですぐにリモートデスクトップを開始できます。
管理システムを使った運用も非常に容易です。

SPG-Appの操作はボタンをクリックする以外何もありません。ワンクリックだけでリモートデスクトップが可能なため、利用者への説明会等が不要です。また、接続情報の管理などITリテラシ教育も不要です。接続情報などは管理システムで一括管理を行い、利用者には知らせる必要がありません。
また、万が一社外でPCを紛失した場合も、そのPCには接続情報などは一切残りません。そして、管理システムで接続不可の設定が容易に可能です。

操作イメージは下記の動画をご覧ください

SPG-Remoteタイプの特徴説明 

複数のPCを1台のWindowsでリモートデスクトップ

社内で利用するネットワーク環境が、インターネット接続用PC、業務用PC、古いシステム利用PC、特定システム利用PCなど、用途別にPC・ネットワークが分離している場合のリモートデスクトップを考えます。
リモート接続する場合、接続したいPCに対して接続・切断を繰り返す必要があります。
また、PCによっては接続そのものができない場合があります。
そのため、社内と同じ環境をテレワークで利用することはとても煩雑だったり困難だったりします。
SPG-Remoteタイプを利用すると、1台のWindowsを利用して社内と同じ環境をテレワークで利用することが可能になります。
Windows、Linux、MACなど様々なOS、複数のPC、また、複数拠点にあるPCに対して、ワンクリックで安全に同時にリモート接続することが可能です。
また、ADサーバに連携したりシングルサインオンを実現することも可能です。
それぞれのPCはタブで切り替えて利用します。

SPG-Remoteタイプの導入・提案事例について

SecureProtectGate(SPG)シリーズの導入事例・提案事例はこちらに掲載しております

下記の前提環境で使い方の一例を示し、SPG-Remoteタイプの特長を説明します

  • クラウドにあるインターネット接続用の端末(Linux CentOS6)
  • 本社にある事務用の端末(Windows10)
  • 鯖江事務所の隔離ネットワークにある基幹システム操作用の端末(Windows8)
  • 本社の隔離ネットワークにあるレガシーシステム操作用の端末(WindowsVISTA)

本社の事務用の端末からはインターネット接続ができません。
鯖江事務所の隔離ネットワークにある基幹システム操作用の端末からはインターネット接続ができません。
本社の隔離ネットワークにあるレガシーシステム操作用の端末からはインターネット接続ができません。
それぞれのネットワークは分離しています。

SPG-Remoteタイプは、この前提環境で、最新のWindows10を使って全てのコンピュータに同時接続し、SPG-Appのタブを切り替えて使います。
社内で、異なるネットワークに接続された複数のPCを使い分けている環境でも、テレワークで同様の環境を安全かつ確実に実現します。
説明動画をご覧ください。

リモートデスクトップを手軽に開始 

データセンター(DC)経由のリモート構成

社外からの侵入を防ぐ安心なネットワーク分離構成。モバイル端末から社内へは直接接続はしません。
ルータを設置するだけの手軽さで安全にリモートが可能です。
SPGライセンスとDCをパックにした使いやすいタイプです。すぐにリモートが利用できます。

1ライセンスの価格:8,250円/月~
(価格にはSPG-Remoteタイプのライセンス料、データセンター使用料・データ転送料が含まれます)

ダイレクトアクセスのリモート構成

画面転送サーバ(SPG-Relayサーバ)をオンプレミスに設置。モバイル端末から社内のSPG-Relayサーバへダイレクトアクセスする構成です。
ルータを設置するだけの手軽さで安全にリモートが可能です。
価格を徹底的に抑えてリモートをすぐに始めたい方にお勧めです。

1ライセンスの価格:2,650円/月~
(価格にはSPG-Remoteタイプのライセンス料が含まれます)
(別途、SPG-Relay用のサーバ機(物理・仮想)が必要です)

上記以外の構成および各コンポーネントのライセンス販売

上記以外のシステム構成に対応したライセンス販売および各コンポーネントのライセンス販売を行っております。
SPG-Remoteタイプをマルチテナント環境で使いたい、リモートでデスクトップとWebシステムを同時に使いたいなど、お客様のご要望に応じたシステム構成やコンポーネントの組み合わせに対応いたします。

システム構成やコンポーネントの組み合わせなどについてはお問合せください

SPG-Remoteタイプの利用対象や使い方 

対象 目的・結果
クライアント/サーバシステムをクラウドサービス(SaaS)で提供したい事業者 オンプレミス型で提供していたクライアント/サーバシステム(C/S)を、クラウドサービスとして提供する事が可能です。
顧客にとってはシステム維持コストの削減、セキュリティ環境の向上が期待されます。
事業者にとってはC/Sのメンテナンスコストおよび開発コストの低減が期待されます。
分離したネットワークに接続しているPC(物理、仮想)を使い分けている環境で、社外からリモート接続をしたい場合 社内の業務環境がインターネット利用PC、レガシーシステム用PC、重要システム利用PC、業務PCなど、分離したネットワークに接続している複数のPCを使い分けている場合でも、テレワークで社内と同じ環境を実現し、安全に業務に取り組むことが可能になります。
タブで接続先のPCを切り替えます。
営業職など社外で仕事をする方
テレワークや在宅ワークを推進する方
ワンクリック操作だけでリモートデスクトップが可能になります。
コンピュータの取扱スキルの差を無くし、誰が使っても容易かつ安全にリモートデスクトップが利用できます。
スクリーンショット(画面キャプチャ)やキー入力搾取による情報流出はしません。
また、VPN接続情報(接続IPアドレス、ユーザ、パスワードなど)は管理システムで一括管理するためその紛失・流出がありません。
インターネット接続環境を分離したい方 容易かつ安価にインターネット接続環境を分離することが可能です。
インターネット接続セグメントと業務端末接続セグメントを分離して、ウイルスの侵入やサイバー攻撃の遭遇、内部情報の流出を防ぎます。
リモート保守を安全かつ効率的にしたい方 複数の場所にある、様々なOSに対して、同時にリモート接続が可能です。
作業対象のコンピュータはタブを切り替えるだけの手軽さです。
1人のオペレータで複数のシステムを効率よく保守できます。
お問い合わせはこちらへ