リモートデスクトップ(SPG-Remoteタイプ)

安全に社内PCとリモート接続して、社外からリモートデスクトップを安全に利用するSPG-Remoteタイプをご提案いたします

SPG-Remoteタイプの概要説明 

SPG-Remoteタイプはテレワークに最適です。導入はルータを設置するだけの手軽さですぐにリモートデスクトップを開始できます。
管理システムを使った運用も非常に容易です。

SPG-Appの操作はボタンをクリックする以外何もありません。ワンクリックだけでリモートデスクトップが可能なため、利用者への説明会等が不要です。また、接続情報の管理などITリテラシ教育も不要です。接続情報などは管理システムで一括管理を行い、利用者には知らせる必要がありません。
また、万が一社外でPCを紛失した場合も、そのPCには接続情報などは一切残りません。そして、管理システムで接続不可の設定が容易に可能です。

操作イメージは下記の動画をご覧ください

SPG-Remoteタイプの特徴説明 

複数のPCを1台のWindowsでリモートデスクトップ

社内で利用するネットワーク環境が、業務用PC、古いシステム利用PC、特定システム利用PCなど、用途別にPC・ネットワークが分離している場合のリモートデスクトップを考えます。
リモート接続する場合、接続したいPCに対して接続・切断を繰り返す必要があったり、PCによっては接続そのものができない場合があります。
そのため、社内と同じ環境をテレワークで利用することはとても煩雑だったり困難だったりします。
SPG-Remoteタイプを利用すると、Isolate Centerと接続するVPNルータを設置するだけで解決します。
Windows、Linux、MACなど様々なOS、複数のPC、また、複数拠点にあるPCに対して、ワンクリックで安全に同時にリモートデスクトップが可能です。
それぞれのPCはタブで切り替えて利用します。

SPG-Remoteタイプの利用対象や使い方 

対象 目的・結果
分離したネットワークに接続しているPC(物理、仮想)を使い分けている環境で、社外からリモート接続をしたい場合 社内の業務環境がインターネット利用PC、レガシーシステム用PC、重要システム利用PC、業務PCなど、分離したネットワークに接続している複数のPCを使い分けている場合でも、テレワークで社内と同じ環境を実現し、安全に業務に取り組むことが可能になります。
タブで接続先のPCを切り替えます。
営業職など社外で仕事をする方
テレワークや在宅ワークを推進する方
ワンクリック操作だけでリモートデスクトップが可能になります。
コンピュータの取扱スキルの差を無くし、誰が使っても容易かつ安全にリモートデスクトップが利用できます。
スクリーンショット(画面キャプチャ)やキー入力搾取による情報流出はしません。
また、VPN接続情報(接続IPアドレス、ユーザ、パスワードなど)は管理システムで一括管理するためその紛失・流出がありません。
リモート保守を安全かつ効率的にしたい方 複数の場所にある、様々なOSに対して、同時にリモート接続が可能です。
作業対象のコンピュータはタブを切り替えるだけの手軽さです。
1人のオペレータで複数のシステムを効率よく保守できます。
お問い合わせはこちらへ