SPG-Remote Medical 事例

SPG-Remote Medicalは医療現場でどのように活用されているか、事例をご紹介します。

事例① 

訪問診療・看護など院外活動で院内の医療情報を活用

  • 新型コロナウイルスの感染者は、症状によって軽症者受入れホテルや自宅で療養することがあり、そうした患者を訪問診療・看護することがあります。その時に、院内の電子カルテを操作(作成・閲覧・書込み)したり、画像データや検査データや症例情報など医療情報を閲覧・操作することが可能になります。そうすることで、療養患者の診察を効率的に行うことが可能になります。
  • 訪問先や現場などで診察を記録し病院に戻って電子カルテに転記していた行為が、現場で電子カルテに直接記録することが可能になります。
  • 訪問先や臨時施設で院内の患者情報・検査情報を閲覧し、現場のスタッフに的確な処置を指示する事が可能になります。

事例② 

院外勤務や出張時に、院内患者の対応に活用

  • 新型コロナウイルスの感染拡大によって系列病院や医療センター、大学病院、急患センターなど、所属病院以外で勤務する機会が増えています。院外の勤務時に、院内患者の電子カルテや検査データ、画像データなどを確認することが可能になります。そうすることで、院内の看護師などスタッフに的確な指示が可能になります。
  • 出張時に、通院患者の様態が変わった等の緊急対応が必要な場合があります。出張先から電子カルテやMRIやCTなどの画像データや検査データなどの医療情報を院内にいる時と同じように閲覧・操作することが可能になります。それにより、院内スタッフに的確な指示が可能になります。

事例③ 

IT工事をせずに、コロナ対策臨時施設で院内の医療情報を活用

  • 新型コロナウイルスの感染者か否かを病院に入れる前に確認する臨時施設の設置が増えています。そのさい、臨時施設で院内の電子カルテなど医療情報を活用するためには、一般的にITシステムやネットワークの大規模工事が必要になります。
    SPG-Remote Medicalは、そういったIT工事を不要にして、簡単導入・安全に院内のネットワークを利用することが可能となります。それにより、臨時施設内で院内と同様に電子カルテの操作(作成・閲覧・書込み)や、画像データ、検査データなど医療情報を利用することが可能となります。
  • 病院内と臨時施設とをつなぐ大規模ネットワーク工事をしなくても簡単・安全に医療情報の利用が可能になります。
  • 臨時施設で行った診察結果を院内の電子カルテに記録することができます。

事例④ 

緊急時のスピーディな処置に活用

  • 災害や事故現場で診察した患者の状態を、その場で院内の電子カルテに状態を記録することが可能になります。それにより、患者が病院に搬送される前に、電子カルテを通じて院内スタッフ間で患者状態を共有することが可能となります。また、スタッフの配置が効率的になりスピーディで的確な処置・対応が可能になります。
Medicalのお問い合わせはこちらへ