SPG-vDesktopタイプ

SPG-vDesktopタイプは、重要システムやレガシーシステムを安心・安全に利用する、システム環境分離ソリューションです

SPG-vDesktopタイプ できること 

  • 重要なシステムを、ネットワークやデスクトップなどシステム利用環境を分断して、利便性良く安全に使うことができる
  • レガシーシステムを安全に使い続けることができる

SPG-vDesktopタイプの概要説明 

仮想化技術のDockerを活用した仮想デスクトップシステムです。
SPG-vDesktop専用のSPG-Appを使用した場合のみ利用可能で、アクセス時に初期化された新規デスクトップが起動します。
終了時にはデスクトップは破棄され全てのデータが消滅します。

  • SPG-vDesktop専用のSPG-Appのみアクセス可。そのとき初期化された新規仮想デスクトップが起動します。
  • 仮想デスクトップの利用を終えると、デスクトップ上のデータやファイルは消滅します。
  • 仮想デスクトップとPC間でファイルのアップロード/ダウンロードが可能です。
  • SPG-vDesktop専用のSPG-App

  • SPG-vDesktop専用のSPG-Appを使用した場合のみ利用可能です。
    他の方法での接続は出来ません。
  • 専用ネットワークでアクセス

  • SPG-vDesktop専用のSPG-Appを使用した場合のみSPG_vDesktopに接続する専用ネットワークが開設します。
  • Docker技術で常に初期化

  • Docker技術により、コンテナへの接続が切れると仮想デスクトップは初期化されます。ファイルやキャッシュデータ等は全て消滅し一切残りません。
  • Upload / Download

  • 仮想デスクトップとPC間でファイルのアップロード/ダウンロードを実現します。これにより、仮想デスクトップの安全性と利便性が両立されます。

SPG-vDesktopタイプの特徴説明 

システム環境を分離し重要システムへリモートアクセス

重要システムと社内ネットワークを分断してシステム環境を守ります。
システムへは、仮想デスクトップと仮想ネットワークを利用してアクセスします。
仮想デスクトップと仮想ネットワークは常時存在せず、SPG-vDesktop専用のSPG-Appを使用した場合のみ、専用のDockerコンテナから起動します。
常に初期化されるデスクトップとネットワーク環境で重要システムを利用します。

SPG-vDesktopタイプの導入・提案事例について

SecureProtectGate(SPG)シリーズの導入事例・提案事例はこちらに掲載しております


関連ソリューションのご紹介

SPG-vDesktopタイプの仕組みを活用したソリョーション:SecureBankingSolution(セキュアバンキングソリューション)についてはこちら

下記の前提環境で使い方の一例を示し、SPG-vDesktopタイプの特長を説明します

  • 重要システム(請求書管理システム)は社内の全てのネットワークから分断された隔離エリアに設置されています
  • 請求書管理システムへは全てのコンピュータからアクセスできません

SPG-vDesktopタイプは、この前提環境で、請求書管理システムへ安全かつ確実に接続し、システム利用やファイル転送を実現します。
説明動画をご覧ください。

システム環境の分離を手軽に開始 

データセンター(DC)経由のシステム環境分離構成

隔離エリア外からの侵入を防ぐ安心なネットワーク分離構成。社内外問わず重要システムへは直接接続しません。
ルータを設置するだけの手軽さで安全に重要システムの利用が可能です。
SPGライセンスとDCをパックにした使いやすいタイプです。
重要システムは社内外から利用できます。
DCの強固なセキュリティに守られるため安心です。

1ライセンスの価格:11,500円/月~
(価格にはSPG-vDesktopタイプのライセンス料、データセンター使用料・データ転送料が含まれます)

オンプレミスのシステム環境分離構成

画面転送サーバ(SPG-Relayサーバ)と仮想デスクトップサーバ(SPG-vDockerサーバ)をオンプレミスに設置。端末からネットワーク分離エリアにあるSPG-RelayサーバへVPNでアクセスし、隔離エリアにあるSPG-vDockerサーバを経由して重用システムを利用する構成です。
VPNはL2TP/IPSECまたはSSL-VPNを利用できます。(SSL-VPNを利用する場合は、別途SPG-sslBranchサーバが必要です)
社内端末から隔離エリアにある重要システムを手軽に使いたい方にお勧めです。

1ライセンスの価格:3,650円/月~
(価格にはSPG-vDesktopタイプのライセンス料が含まれます)
(別途、SPG-Relay、SPG-vDocker用のサーバ機(物理・仮想)が必要です)

上記以外の構成および各コンポーネントのライセンス販売

上記以外のシステム構成に対応したライセンス販売および各コンポーネントのライセンス販売を行っております。
お客様のご要望に応じたSPG-vDesktopタイプのシステム構成やコンポーネントの組み合わせに対応いたします。

システム構成やコンポーネントの組み合わせなどについてはお問合せください

SPG-vDesktopタイプの利用対象や使い方の例 

対象 目的・結果
レガシーシステムを使い続ける方 ネットワークを分断してレガシーシステムのシステム環境を分離します。
システムを孤立化させることで安全を守ります。
システム利用時のみ、初期化された専用デスクトップ環境と専用ネットワークが起動し利用が可能になります。
社外から重要システムを使いたい方 社外から、専用VPN、専用デスクトップ環境、専用ネットワークを使用して重要システムを利用します。
SPG-vDesktop専用のSPG-Appを使用して、分断されたシステムを利用します。
SPG-Appに表示された情報は、情報漏えい対策機能により、スクリーンショット(画面キャプチャ)やキー操作情報などの漏えいを防ぎます。
お問い合わせはこちらへ