【緊急告知】新型コロナウイルス対策 テレワーク導入支援のお知らせ

当社は、猛威を振るう新型コロナウイルスの感染拡大に伴いテレワーク環境の導入を急がれる企業様を対象に、当社のテレワーク製品『SPG-Remote Standard』の導入支援策をお知らせいたします。

本取組の趣旨 

2020年3月16日現在、中国で発生した新型コロナウイルスの患者数が急激に増加し世界保健機関(WHO)はパンデミックを宣言する事態となりました。
日本国内でも感染者、感染地域が日々増加し政府は緊急事態宣言を検討するまでに至りました。国内の状況は本年1月から1ヶ月半ほどの間に急激に悪化し、市場ではマスクや消毒液などの衛生管理品の供給が滞るなか、企業では従業員を守るために在宅勤務への切り替えが急務となっています。

その一方で、在宅勤務を実現するテレワーク環境の導入には課題があります。
一般的に、社外からのネットワーク接続は企業内のネットワークやシステムの変更作業等が必要であり、それに伴うトラブルが発生しやすいため、十分な導入検証が必要です。
また、企業様では長年においてセキュリティ強化などに投資を積み重ねてきており、社外からのネットワーク接続はそのセキュリティ対策を脆弱化させる恐れもあり慎重な導入検討が必要です。

また、一方で、中国の生産工場の閉鎖・停止の影響を受けてテレワーク製品の多くで出荷見通しが立たない状況になっています。

在宅勤務への切り替えを急ぐ中、テレワーク環境の導入について難しい課題が多いこと、多くのテレワーク製品で出荷見通しが立たない状況は、
企業様にとっては「充分な検証時間もないままに、限られたメーカ・商品の中から急いで導入を決めなければならない」という大変厳しい状況にあります。

企業様のそのような厳しい状況を少しでも緩和し、テレワーク環境を安心して導入頂き在宅勤務へスムーズに移行して頂きたく、当社では下記2つのテレワーク導入支援をさせて頂きたいと思っております。

当社では、2018年2月に北陸地方で発生した局地的な大雪災害による企業様の事業継続支援策としてテレワーク製品『SPG-Remote』の無料提供を実施しました。
関連記事:『私用端末でもテレワーク ビットブレイン、アクセス手順監視』 日本経済新聞 2018年3月21日
その際、多くの企業様からテレワーク利用の効果検証につながったとご意見を頂きました。その経験を踏まえ、この度のウイルス感染拡大を防ぎ、従業員様の健康と安全を守るため、在宅勤務やテレワーク環境の導入を支援する取り組みを継続して実施してまいりたいと考えています。

2つのテレワーク導入支援 

・テレワーク製品『SPG-Remote Standard(※)』に個人情報漏えい保険が付帯されます。

・テレワーク製品『SPG-Remote Standard(※)』のライセンス料を2ヶ月無料でご提供いたします。

(※)導入支援対象の商品タイプは2つで、『SPG-Remote Standard TYPE A』または『SPG-Remote Standard plus』をご購入される法人のお客様が対象です。

個人情報漏えい保険の内容 

『SPG-Remote Standard』に三井住友海上火災保険株式会社の個人情報漏えい保険「サイバープロテクター」が付帯されます。

  • 個人情報漏えい保険「サイバープロテクター」が付帯されることによる『SPG-Remote』の販売価格変更や、別途保険料の徴収はありません。
  • 個人情報漏えい保険「サイバープロテクター」は『SPG-Remote』の購入ライセンス単位に保険が付帯されます。
損害の種類 対象となる事故 対象損害・対象費用 支払限度額
損害賠償 SPG-Remoteに関連して発生した情報の漏えいに起因する損害賠償
  • 法律上の損害賠償

など

  • 1ライセンスあたり: 50万円※1
  • 1法人あたり: 保有ライセンス数×50万円※2

※1 年間1事故・1回のみ
※2 最大1,000万円まで

費用損害 SPG-Remoteに関連して発生した情報の漏えいまたはそのおそれ
  • 事故対応費用
  • 見舞金・見舞い品購入費用

など

※その他諸条件あります。

2ヶ月無料提供の内容 

  • 法人でのお申込み(ご契約)が対象です。
  • お申込当月を含む2か月間の月額ライセンス利用料を、ライセンス数によらず、無料とさせて頂きます。
  • 初期費用が別途必要です。
  • ご契約期間は1年間です。ご契約満了後、解約のお申出がない場合はご契約は自動更新されます。

【導入環境】

  • Windows 7以上のPC2台
  • インターネット環境
  • 会社で従業員が使用しているPC
  • 会社が貸与した社外持ち出しPC、または、従業員が個人で使用しているプライベートPC(BYODの場合)

※SPG-Remote Standardはリモートデスクトップ方式のテレワーク製品です。画面共有システムではありません。
※SPG-Remote Standardをご利用するには、会社PCと自宅PCの2台が必要です。
会社PCには、PC搭載のファイアーウォールの設定変更が必要な場合があります(3389ポートの開放)

【導入までの期間】

  • お申込みいただいてから最短2日

『SPG-Remote Standard』の特徴 

手軽にらくらくセットアップ 『スピーディーなテレワーク導入を実現』

  • ルータなどの特別な機器は必要なく、専門知識不要、IT専任担当者がいなくても、60秒で誰でも簡単に導入可能
  • 『SPGアプリ』を自宅PCもしくは、持ち出しPCにインストールするだけ

導入したその日から誰でも簡単操作『スピーディーなテレワーク開始を実現』

  • 1クリックのみの直感的な操作
  • マニュアルを読むなどの、学習時間コストも削減でき、パソコンに不慣れな人でも大丈夫

多くの金融機関に認められたネットワーク分離でセキュリティ対策 『BYODでも安全なテレワークを実現』

  • ネットワーク分離機能:接続元ネットワークと接続先ネットワークが繋がらない仕組みで、社内へのウイルス侵入やサイバー攻撃、社内からのファイル流出を防ぎます
  • キャッシュ自動クリア機能:持ち出しPCや、自宅PC(BYODの場合)には、仕事の情報が一切残りません。万一の紛失や、盗難被害に見舞われても、社内侵入や情報の流出を防ぐ事ができます
  • キーロガー対策:入力情報を抜き取られません
  • 画面キャプチャ対策:画像情報を抜き取られません
  • 本人認証
  • 暗号化通信
  • 端末認証
  • 端末管理

※SPG-Remote Standardのご紹介 :
https://bit-brain.jp/spg-remote/#Standard

2種類の『SPG-Remote Standard』 

『SPG-Remote Standard』は金融機関にも導入されるセキュリティが強固なテレワーク製品で、セキュリティクラウドを利用しています。
『SPG-Remote Standard』はセキュリティクラウドの利用方法の違いにより『SPG-Remote Standard TYPE A』と『SPG-Remote Standard plus』の2種類があります。

TYPE A お客様専用セキュリティクラウド 

『TYPE A』はセキュリティシステムを個社毎に構築し、お客様専用のセキュリティクラウドをご利用いただけます。

  • 初期費が必要です。181,800円~ (税別)
  • 初期費はライセンス数によって変わります。
  • 1ライセンス 1,350円/月(税別)
  • 5ライセンス単位の販売です。
  • ご契約期間は1年間です。ご契約満了後、解約のお申出がない場合はご契約は自動更新されます。
  • 個人情報漏えい保険が付帯されます。

plus 共用セキュリティクラウド 

『plus』はセキュリティシステムを共有システムとしてご提供し、他のお客様と相乗りするマルチテナント方式でセキュリティクラウドをご利用いただけます。

  • 初期費が必要です。19,300円~ (税別)
  • 初期費はライセンス数によって変わります。
  • 1ライセンス 1,350円/月(税別)
  • 1ライセンス単位の販売です。
  • ご契約期間は1年間です。ご契約満了後、解約のお申出がない場合はご契約は自動更新されます。
  • 個人情報漏えい保険が付帯されます

メリット デメリット
TYPE A セキュリティクラウドを専用で利用するため、他社の利用状況に影響を受けません。 セキュリティクラウドを専用で利用するため、導入費用がplusに比べて高額です。
plus セキュリティクラウドを共有で利用するため、導入費用が非常に安価です。 セキュリティクラウドを共有で利用するため、他社の利用状況によって通信状態やサーバ状態が変化しご利用に影響を及ぼす可能性があります。

『SPG-Remote Standard』の販売店 

対応エリア 販社名 問合せ先
全国

株式会社セキュリティア

(東証2部上場 株式会社ハイパー 100%子会社)

所在地

〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2-9-6 ニューESRビル4階

ホームページ  https://www.securitier.co.jp/spg-remote/
メールアドレス tier-sales@securitier.co.jp
全国 福井ゼロックス株式会社 所在地 〒918-8104  福井県福井市板垣5丁目904番地
ホームページ  
メールアドレス spg@fukuixerox.co.jp
福井県内

福井ネット株式会社

(福井銀行グループ)

所在地

〒918-8686 福井県福井市今市町66

ホームページ  https://www.fukuinet.co.jp/spg/
メールアドレス fkn_spg@fukuinet.co.jp
電話番号  0776—38—7055   
    所在地  
ホームページ  
メールアドレス  
電話番号  
    所在地  
ホームページ  
メールアドレス  
電話番号  
     所在地  
ホームページ  
メールアドレス  
電話番号
お問い合わせはこちらへ