2022.02.17 近畿経済産業局 「魅力飛び出すウェブマガジン「新撰エモーショナル」」にて、SPG-Remoteが紹介されました。

経済産業省近畿経済産業局 2/17発刊の「魅力飛び出すウェブマガジン「新撰エモーショナル」」に、SPG-Remoteが紹介されました。

掲載ページはこちら

お問合せは下記から。
株式会社ビットブレイン
TEL:0776-43-0860
ホームページからお問合せ

 

近畿経済産業局 地域経済部 産業技術課
住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44
電話番号:06-6966-6017
FAX番号:06-6966-6080

2021.12.1 日刊工業新聞 「ビットブレインとEP綜合、電子カルテをオンライン閲覧 医薬治験向けサービス」と題し、当社について紹介されました。

日刊工業新聞 12/1 「ビットブレインとEP綜合、電子カルテをオンライン閲覧 医薬治験向けサービス」と題し、当社について紹介されました。

掲載記事はこちら

お問合せは下記から。
株式会社ビットブレイン
TEL:0776-43-0860
ホームページからお問合せ

2021.11.30 医薬治験業務プロセスのDX化推進事業の実証実験結果の公表と、「SPG-Remote Medical for SYNOV-R 2.0」運用開始のお知らせ

 

株式会社ビットブレイン(本社:福井県福井市、代表取締役:斎藤 智示、以下「ビットブレイン」)と、株式会社EP綜合(本社:東京都新宿区、代表取締役:山本 賢一、以下「EP綜合」)は、2021年6月16日に発表した業務提携にもとづき、医薬治験業務プロセスのDX化推進事業に向けて共同開発したリモートSDVシステム『SPG-Remote Medical for SYNOV-R(サイノブ)』の効果を図るために取り組んだ実証実験について検証結果を公表します。
また、検証結果から接続予約による閲覧制御、利用者の閲覧管理の必要性が実証され、それを受けて機能改良した『SPG-Remote Medical for SYNOV-R 2.0(サイノブ)』を本日より運用開始し、同時に、全国展開を開始します。

 

(さらに…)

2021.6.18 日本経済新聞 「ビットブレイン、EP綜合と提携 遠隔治験システム開発」と題し、当社について紹介されました。

日本経済新聞 6/18 「ビットブレイン、EP綜合と提携 遠隔治験システム開発」と題し、当社について紹介されました。

掲載記事はこちら

お問合せは下記から。
株式会社ビットブレイン
TEL:0776-43-0860
ホームページからお問合せ

2021.6.17 福井新聞 「ビットブレイン(福井)国内最大手と提携 新薬治験業務の効率アップ データ照合の遠隔システム開発」と題し、当社について紹介されました。

福井新聞 6/17 「ビットブレイン(福井)国内最大手と提携 新薬治験業務の効率アップ データ照合の遠隔システム開発」と題し、当社について紹介されました。

掲載記事はこちら

お問合せは下記から。
株式会社ビットブレイン
TEL:0776-43-0860
ホームページからお問合せ

2021.6.17 日刊工業新聞 「ビットブレインとEP綜合、遠隔で治験モニタリング システム共同開発」と題し、当社について紹介されました。

日刊工業新聞 6/17 「ビットブレインとEP綜合、遠隔で治験モニタリング システム共同開発」と題し、当社について紹介されました。

掲載記事はこちら

お問合せは下記から。
株式会社ビットブレイン
TEL:0776-43-0860
ホームページからお問合せ

2021.06.16 株式会社EP綜合とリモートSDVシステムを共同開発し、治験を実施する医療機関への普及の早期実現に向けた業務提携を開始いたしました。

治験業務の効率化・迅速化を実現する
次世代型 「リモートSDVシステム」 の開発・提供開始のお知らせ

 

 

株式会社ビットブレイン(本社:福井県福井市、代表取締役:斎藤 智示、以下「ビットブレイン」)と、株式会社EP綜合(本社:東京都新宿区、代表取締役:山本 賢一、以下「EP綜合」)は、医療機関向けリモートアクセスソリューション「SPG-Remote Medical」をベースに、治験におけるモニタリング業務で、実施医療機関外から原資料等直接閲覧(R-SDV)を実現するR-SDVシステム 『 SPG-Remote Medical for SYNOV-R(サイノブ) 』を共同開発し、治験を実施する医療機関への普及の早期実現に向けた業務提携を開始いたしました。

 

【背景】
「臨床研究・治験活性化5か年計画2012」(平成24年3月30日 文部科学省・厚生労働省)で、R-SDVの推進が提言されてから、各団体、企業がR-SDVの普及に取り組んでいますが、コスト、利用環境の整備等で導入へのハードルは高く、普及はあまり進んでいない状況です。
また、2020年世界に広がった新型コロナウイルス感染症の影響下で、実施医療機関への訪問が難
しい状況になっており、施設訪問による診療録等のSDVが実施できず、治験データの信頼性確保が困難な状況になっています。安全で利便性の高いR-SDVが実現し、この課題を解決することが期待されています。

(さらに…)

2021.03.22 月刊新医療 2021 4月号 No.556 に 『With コロナ時代の遠隔アクセスとしての医療従事者向けリモートツールの可能性』と題した寄稿が掲載されました

2021.03.22 エム・イー振興協会が発刊する【月刊新医療 2021 4月号 No.556】に、当社代表取締役 斎藤智示 が寄稿した論文『 With コロナ時代の遠隔アクセスとしての医療従事者向けリモートツールの可能性』が掲載されましたのでお知らせいたします。

【本文抜粋 要旨】
2020年初頭から新型コロナウイルスの感染拡大に伴い生活や働き方が大きく変わりました。
医療の現場において、医療情報や医療システムを、患者のすぐそばにいるかのように院外でも利用したいという遠隔アクセスの要望が、特にコロナ禍の折、多くございました。
しかしながら、医療情報の重要性を考えると、実現には高度な技術が必要になります。
本稿では、その要望を“安全と容易”をキーワードに実現した
医療従事者向けリモートツール『SPG-Remote Medical』について、
医療現場への導入効果も含め述べております。

月刊新医療はこちら

SPG-Remote Medicalのお問合せは下記から。

株式会社ビットブレイン
TEL:0776-43-0860
ホームページからお問合せ

2021.2.15 医師のためのインターネットテレビ『MedPeer Channel』 「深層インタビュー~医療のいま~」にて、当社の医療従事者用リモートデスクトップサービスが紹介されます。

医師のためのインターネットテレビ『MedPeer Channel』 「深層インタビュー~医療のいま~」にて、 2/15-2/19の全5回、当社の医療従事者用リモートデスクトップサービスが紹介されます。

医師のためのインターネットテレビ『MedPeer Channel』は、メドピア株式会社と東京メトロポリタンテレビジョン株式会社(TOKYO MX)が共同展開している、医師向けに最新の医療ニュースを配信するインターネットテレビ番組です。
医師免許を所有する3人に1人が会員となっています。
そのインターネットテレビ番組内の「深層インタビュー~医療のいま~」というコーナーで、2/15から2/19までの全5回にわたって、当社の代表取締役 斎藤智示 が出演し、『SPG-Remote Medical』についてその特徴や魅力をお伝えいたします。

メドピア株式会社はこちら
TOKYO MXはこちら

お問合せは下記から。
株式会社ビットブレイン
TEL:0776-43-0860
ホームページからお問合せ

2021.1.22 日刊工業新聞 「ビットブレイン、リモート機器の販売単価下げ」と題した記事で、当社の医療従事者用リモートデスクトップサービスについて紹介されました。

日刊工業新聞 1/22 「ビットブレイン、リモート機器の販売単価下げ」と題した記事で、当社の医療従事者用リモートデスクトップサービスについて紹介されました。

掲載記事はこちら

お問合せは下記から。
株式会社ビットブレイン
TEL:0776-43-0860
ホームページからお問合せ