SecureProtectGate Image

利用シーン別のイメージ例

  • 会員・顧客向けサービスを安全・手軽に提供する

会員・顧客向けサービスをインターネット経由で行う場合に安全な環境を提供します。
会員・顧客向けサービスは、SecureProtectGateを使用したVPN経由のアクセスのみ、サービス提供が可能となります。

会員・顧客にSecureProtectGateを配布します。
会員・顧客がサービスを受けるときは、SecureProtectGateのリストから会員・顧客向けサービスを選びます。
VPN経由で自動接続され、会員向けサービスが表示されます。
利用が終わるとVPNは切断します。

会員・顧客向けサービス提供システムへの不正接続や誤接続を防ぐため、サーバサイドプログラム(オプション)を使用します。
それにより、会員・顧客向けサービス提供システムはSecureProtectGateを使用した場合のみ利用が可能になります。ブラウザを使用した利用はできません。

※会員・顧客のPCにSecureProtectGateをインストールする以外に特別な操作・設定は必要ありません。
※SecureProtectGateのVPN接続情報は管理システムで一元管理します。利用者はVPN接続情報を管理することや接続用デバイスなどの管理も必要ありません。管理者以外に知られないため接続情報が漏れにくい仕組みです。
※会員・顧客のPCはWindowsOSに限定されます。また、Windows7以上が必要です。
※ログ収集/監査システムサーバは必須ではありません。導入にはWindowsサーバが必要になります。
※サーバサイドプログラムは必須ではありません。導入はWebルートにインストールします。アプリケーションの改造は必要ありません。

  • 医療情報システムを安全・手軽に利用する

医療情報システムをインターネット経由で操作する場合に安全な環境を提供します。
医療情報システムは、SecureProtectGateを使用したVPN経由のアクセスのみ、操作が可能となります。

医療情報システムを操作する時は、SecureProtectGateのリストから医療情報システムを選びます。
VPN経由で自動接続され、医療情報システムが表示されます。
利用が終わるとVPNは切断します。

医療情報システムへの不正接続や誤接続を防ぐため、サーバサイドプログラム(オプション)を使用します。
それにより、医療情報システムはSecureProtectGateを使用した場合のみ利用が可能になります。ブラウザを使用した利用はできません。

※PCにSecureProtectGateをインストールする以外に特別な操作・設定は必要ありません。
※SecureProtectGateのVPN接続情報は管理システムで一元管理します。利用者はVPN接続情報を管理することや接続用デバイスなどの管理も必要ありません。管理者以外に知られないため接続情報が漏れにくい仕組みです。
※PCはWindowsOSに限定されます。また、Windows7以上が必要です。
※ログ収集/監査システムサーバは必須ではありません。導入にはWindowsサーバが必要になります。
※サーバサイドプログラムは必須ではありません。導入はWebルートにインストールします。アプリケーションの改造は必要ありません。

  • 学校情報を安全・手軽に提供する

学校情報システムをインターネット経由で操作する場合に安全な環境を提供します。
学校情報システムは、SecureProtectGateを使用したVPN経由のアクセスのみ、操作が可能となります。

学校情報システムを利用する時は、SecureProtectGateのリストから学校情報システムを選びます。
VPN経由で自動接続され、学校情報システムが表示されます。
利用が終わるとVPNは切断します。

学校情報システムへの不正接続や誤接続を防ぐため、サーバサイドプログラム(オプション)を使用します。
それにより、学校情報システムはSecureProtectGateを使用した場合のみ利用が可能になります。ブラウザを使用した利用はできません。

※PCにSecureProtectGateをインストールする以外に特別な操作・設定は必要ありません。
※SecureProtectGateのVPN接続情報は管理システムで一元管理します。利用者はVPN接続情報を管理することや接続用デバイスなどの管理も必要ありません。管理者以外に知られないため接続情報が漏れにくい仕組みです。
※PCはWindowsOSに限定されます。また、Windows7以上が必要です。
※ログ収集/監査システムサーバは必須ではありません。導入にはWindowsサーバが必要になります。
※サーバサイドプログラムは必須ではありません。導入はWebルートにインストールします。アプリケーションの改造は必要ありません。

  • 外交員やサービスマンに企業システムを安全・手軽に提供する

社外で活動する外交員やサービスマンに、企業システムをインターネット経由で行う場合に、安全な環境を提供します。
企業システムは、SecureProtectGateを使用したVPN経由のアクセスのみ、利用が可能となります。

企業システムを利用する際、SecureProtectGateのリストから企業システムを選びます。
VPN経由で自動接続され、企業システムが表示されます。
利用が終わるとVPNは切断します。

企業システムへの不正接続や誤接続を防ぐため、サーバサイドプログラム(オプション)を使用します。
それにより、企業システムはSecureProtectGateを使用した場合のみ利用が可能になります。ブラウザを使用した利用はできません。

※PCにSecureProtectGateをインストールする以外に特別な操作・設定は必要ありません。
※SecureProtectGateのVPN接続情報は管理システムで一元管理します。利用者はVPN接続情報を管理することや接続用デバイスなどの管理も必要ありません。管理者以外に知られないため接続情報が漏れにくい仕組みです。
※PCはWindowsOSに限定されます。また、Windows7以上が必要です。
※ログ収集/監査システムサーバは必須ではありません。導入にはWindowsサーバが必要になります。
※サーバサイドプログラムは必須ではありません。導入はWebルートにインストールします。アプリケーションの改造は必要ありません。

セキュアプロテクトゲートはこちら
導入例はこちら
お問い合わせはこちらへ