SPG-vDesktop

「SPG-vDesktop」タイプは、重要システムやレガシーシステムを安心・安全に利用する、システム環境分離ソリューションです

SPG-vDesktop できること 

  • 重要なシステムを、ネットワークやデスクトップなどシステム利用環境を分断して、利便性良く安全に使うことができる
  • レガシーシステムを安全に使い続けることができる

SPG-vDesktopの利用対象や使い方の例をご紹介します

対象 目的・結果
特定の重要システムを利用する方 重要システムと接続する社内ネットワークを分断してシステム環境を守ります。
分断されたシステムは、SPG-vDesktop専用のSPG-Clientを使用して利用します。
システム利用時のみ、初期化された専用デスクトップ環境と専用ネットワークが起動し利用が可能になります。
レガシーシステムを使い続ける方 ネットワークを分断してレガシーシステムのシステム環境を分離します。
システムを孤立化させることで安全を守ります。
システム利用時のみ、初期化された専用デスクトップ環境と専用ネットワークが起動し利用が可能になります。
社外から重要システムを使いたい方 社外から、専用VPN、専用デスクトップ環境、専用ネットワークを使用して重要システムを利用します。
SPG-vDesktop専用のSPG-Clientを使用して、分断されたシステムを利用します。
SPG-Clientに表示された情報は、情報漏えい対策機能により、スクリーンショット(画面キャプチャ)やキー操作情報などの漏えいを防ぎます。

SPG-vDesktop システム構成例 

下記に代表的な構成を例示します。
下記の例ではサーバ運用にクラウド環境を利用する想定にしています。
オンプレミス環境での構築・運用も可能です。
詳しくはお問合せください。

【ご参考】dockerコンテナのデスクトップ環境について
本システム構成では下記のコンテナ構成をご提案します。
ご要望に応じて仕様の変更やコンテナの変更が可能です。
デスクトップ環境:GNOME
ブラウザ:Firefox

SPG-vDesktopタイプ : 重要システムやレガシーシステムを安全に使う構成です。

SPG-vDesktopタイプの最も基本的な構成です。
SPG-vDockerを介してLANとシステムのネットワークを分断します。SPG-vDockerのコンテナが起動しない場合、LANとシステムを繋ぐネットワークや操作環境が存在しません。
SPG-vDocker専用のSPG-Clientからの接続時のみシステムが利用できます。

SPG-vDesktopタイプ + SPG-Defense : 社外から重要システムを安全に使う構成です。

SPG-vDesktopタイプにSPG-Defenseコンポーネントを追加した構成です。
SPG-vDockerを介してLANとシステムのネットワークを分断します。
SPG-Defenseによって、長時間の接続や不審なアクセスを切断します。
SPG-vDocker専用のSPG-Clientからの接続時のみシステムが利用できます。

お問い合わせはこちらへ