Security Solution (prevent the leakage)

情報漏えいの現状

インターネットを活用した取引やコミュニケーションが活発に行われる現代、企業規模の大小にかかわらず数多くの事業者が個人情報などの重要情報を取扱っています。
昨今では、不正操作・不正侵入、ウイルス、人的な単純ミスなど様々な原因により情報漏えい事故が急増しています。
こういった背景から、企業間取引では「相手先企業の十分なセキュリティ対策の実施」が重要条件となっており、企業規模の大小にかかわらずセキュリティ対策の実現・維持は非常に重要な取り組みになっています。

情報漏えいの現状

一般的に、セキュリティ対策を検討する場合、技術的対策(テクノロジー系)と人的対策(ヒューマン系)と物理的対策(ファシリティ―系)の3方向から行います。
技術的対策とは、ファイアーウォール、ネットワーク分離、ウイルス対策システム、認証システム、画面転送システムなどセキュリティ対策を構築する技術を表し、人的対策とは、規定、手順書、教育などセキュリティ対策の適切な運用を表します。
また、物理的対策とは、防犯対策、入退室管理、盗難対策などセキュリティ対策を十分に機能させる環境を表します。

情報漏えい対策

セキュリティ対策を実現するためには、高価な機材とそれをオペレーションする高レベル技術者が必要です。また、高水準の運用にはそれを策定する高レベル技術者と適切に履行するための教育が必要です。それらの投資や技術者の確保、教育を継続的に行うことが重要です。

SecureProtectGate (セキュアプロテクトゲート)

コンピュータシステムで重要情報を取扱う企業は急激に広がっているにもかかわらず、セキュリティ対策を実現・維持するには高度な技術と高水準の運用が要求されるため、限られた企業や機関でしか実施されていないことが大きな課題です。

この課題を解決するために、ビットブレインでは容易かつ手軽に、技術的対策と人的対策を実現するSecureProtectGate(セキュアプロテクトゲート)をリリースしました。

SecureProtectGateは、高度な構築技術を必要としません。PCインストール型のソフトウェアでありながら、ネットワーク分離、サーバアクセス制御、不正侵入防止など技術的対策を容易に実現しています。
また、高水準の運用技術を必要としません。ネットワークを自動接続する仕組みやアクセス先を間違えない仕組みなど、管理者にとっても利用者にとっても特別な手順書や教育を必要としない簡単操作で人的対策を実現しています。

セキュアプロテクトゲートはこちら
お問い合わせはこちらへ