いつもSecureProtectGateをご利用いただきありがとうございます。
2016年8月29日より最新クライアントSPG(2.0.0.0)を配信します。

バージョンアップ内容

1.VPNの自動接続機能追加
  (1)Webシステムごとに、VPN接続を行うか否かの設定ができるようになりました
  (2)VPN接続設定を行ったWebシステムは使用時のみ自動でVPN接続がされ、使用が終わると自動でVPNが切断されます

2.ゲートウェイの選択ができるようになりました(VPN or Windows標準)

3.コンテキストメニューの表示可否を項目ごとに設定できるようになりました

4.クリップボードを初期化し、セキュティレベルをより一層強固にしました

5.キャッシュ領域を初期化し、セキュリティレベルをより一層強固にしました

6.DNSサーバを指定できるようになりました

7.バージョン番号を2.0.0.0にする

このバージョンアップはクライアントの「自動バージョンアップ機能」にてインストールされます。
※オンプレミス型認証サーバ、配信サーバをご利用のお客様はこの限りではありません

バージョンアップをご希望されない場合は『利用可能な更新があります』の画面で『スキップ』を押下してください。