いつもSecureProtectGateをご利用いただきありがとうございます。
2016年7月5日より最新クライアントSPG(1.0.0.14)を配信します。

バージョンアップ内容

1.ビーコンチェック処理修正
   サーバサイドプログラム(オプション)を使用した場合のビーコンチェック方式を一部変更しました。

2.コンテキストメニューの修正対応
   マウスの右クリックで表示するコンテキストメニューに「元に戻す(UNDO)」を追加しました。

3.スクリーンショット対応
   キャプチャ防止機能について機能強化を行いました。

4.MITB対応
   MITB対策機能について機能強化を行いました。

このバージョンアップはクライアントの「自動バージョンアップ機能」にてインストールされます。
※オンプレミス型認証サーバ、配信サーバをご利用のお客様はこの限りではありません

バージョンアップをご希望されない場合は『利用可能な更新があります』の画面で『スキップ』を押下してください。