いつもSecureProtectGateをご利用いただきありがとうございます。
2016年3月28日より最新クライアントSPG(1.0.0.7)を配信します

バージョンアップ内容

◇Standard、Advance、Extension、iTools
 1.インフォメーション画面のその他拡張タブのログ保存情報の名称を修正
   ログファイル ⇒ アクセス履歴
   保存     ⇒監査用ファイルを作成
 2.コントロールキーが抑止されない現象の対応
   (現象確認:Cntl+Pで印刷など)
 3.タブ画面モードの場合、画面下に押下されたキー情報が表示されていたため、これを削除
 4.ログの保存時にライセンスモードを誤った状態で記録していた不具合の対応
   (現象確認:iTool版で表示内容を確認時に内容が一致していなかった。)

◇iTools
 1.logボタンを『アクセス履歴監査』に修正

このバージョンアップはクライアントの「自動バージョンアップ機能」にてインストールされます。
※オンプレミス型認証サーバ、配信サーバをご利用のお客様はこの限りではありません

バージョンアップをご希望されない場合は『利用可能な更新があります』の画面で『スキップ』を押下してください。