いつもSecureProtectGateをご利用いただきありがとうございます。
2016年3月17日より最新クライアントSPG(1.0.0.6)を配信します

バージョンアップ内容

 1.アクセス履歴データをサーバに転送するさいにSFTPを使用して保存する処理を追加
 2.情報画面のクレジット表記タブに著作権を追加
 3.ライセンス有効期限日を過ぎている場合の警告メッセージ表示機能を追加

このバージョンアップはクライアントの「自動バージョンアップ機能」にてインストールされます。
※オンプレミス型認証サーバ、配信サーバをご利用のお客様はこの限りではありません

バージョンアップをご希望されない場合は『利用可能な更新があります』の画面で『スキップ』を押下してください。