いつもSecureProtectGateをご利用いただきありがとうございます。
2016年2月8日より最新クライアントSPG(1.0.0.2)を配信します

バージョンアップの内容

1.アクセス履歴ファイルをFTP接続でサーバーにアップする
2.認証の仕組みを強化
3.監査用のアクセス履歴ファイルをPCで作成する機能
4.起動時にアクセス履歴ファイルに改ざんの疑いがある場合、アクセス履歴ファイルを生成しなおしてサーバーへ追加する機能
5.設定画面からフォーカスが外れた場合、設定画面もブラックアウト(黒画面)にする
6.管理画面のキャッシュ表示対応
7.タイトルを4種類の名称で表示する

このバージョンアップはクライアントの「自動バージョンアップ機能」にてインストールされます。
※オンプレミス型認証サーバ、配信サーバをご利用のお客様はこの限りではありません

バージョンアップをご希望されない場合は『利用可能な更新があります』の画面で『スキップ』を押下してください。