情報漏えい対策とIoT・ビッグデータを得意とする、株式会社ビットブレイン(本社・福井県福井市、代表取締役・斎藤智示)は、IoTセンサー wifi通信モジュール機能を強化したことをお知らせします。

BTO(Build To Order)対応のIoTセンサーは、搭載するwifi通信モジュールを機能強化し、wifi親機とwifi子機を簡単なボタン操作で切り替える仕様に変更しました。
従来まではwifi機能を提供する通信モジュールの機能制約により、親機または子機のいずれかしか対応できませんでした。
通信モジュールの小型化および機能改善に伴い、モジュール内で切り替えを実現するようにしました。
これにより、簡単なボタン操作で親機・子機の切り替えが実現し、状態をLEDランプで示す仕様に変更いたしました。
今後、このwifi通信モジュールを搭載したIoT基盤では、ゲートウェイ(中継器)またはIoTセンサーのいずれか、もしくは、その両方の機能を提供することが可能となり、IoTシステム関連の機材削減になります。

搭載センサーは、厳密計測・測定を可能とするものから簡易型計測・測定に対応するものまでさまざまに取り揃えております。
標準的な基板サイズは名刺程度(縦5.5cm、横9cm)で厚さは2cmです。
1cm四方以下のサイズで製造することも可能です。
センサー収納ケースも形、サイズ、素材、デザインを含めBTO対応となります。

詳しくはご紹介ページをご覧ください。

wifi通信モジュールについてのお問い合わせ
お電話 : 0776-43-0860
お問い合わせフォーム こちら