情報漏えい対策とIoT・ビッグデータを得意とする、株式会社ビットブレイン(本社・福井県福井市、代表取締役・斎藤智示)は、同社が展開する情報漏えい対策ソフトウェア「SecureProtectGate」のインストール実績が、平成28年1月に1万台を突破いたしました。

SecureProtectGateは、皆様のご厚意によりお陰様で1万台インストールを突破することが出来ました。
これほど多くの皆様にご支持を頂けたことに大変感謝いたすとともに、これまで以上に情報漏えい対策に取り組んでまいる所存でおります。

SecureProtectGateは、これまでにない「ブラウザを使い分ける」という発想の元で開発されたソフトウェアです。

SecureProtectGate
一般的な検索サイトやブログおよびショッピングサイトの利用はこれまでと同じブラウザソフトウェアで、社内システムやクラウドシステム、Webバンキングなどの利用はSecureProtectGateを使用する、といったような使い方を分ける事が可能になります。
SecureProtectGateを利用することで、ブラウザに潜むウイルスによる不正な操作や悪意ある者がブラウザをコントロールするような脅威から、社内システムやクラウドシステム、Webバンキングなどを守ります。

搭載される主な機能について

  • キーロガー対策
  • 画面キャプチャー対策
  • リモートアクセス対策
  • 偽サイト誘導対策
  • 偽サイト表示対策
  • 情報改ざん対策(MITB対策)
  • 社内システムのアクセス制御

詳しくはご紹介ページをご覧ください。

以上